子どものスポーツ傷害 卓球編

  • 指導ポイント解説
  • 指導者
子どもの卓球に多い傷害1

足首の捻挫:足首の捻挫は、方向転換の動作時に足首の靱帯を損傷する怪我です。再発率のとても高い傷害といわれています。

子どもの卓球に多い傷害2

腸脛靱帯炎:激しいフットワークを繰り返すことで膝の外側が痛くなる傷害です。主に膝の曲げ伸ばしの時に膝の外側に痛みが発生します。O脚は発症のリスクが高まります。

傷害の特徴

卓球で起こる傷害は、主に下半身に集中しています。突発的なケガ(外傷)は少なく、負荷の蓄積によるもの(傷害)が多いという特徴があります。そのため、日頃のケアが重要です。予防には正しいフォームの獲得することが最重要で、そのための柔軟性、筋力をチェックしておくことが大切です。

 

【担当講師】 子どものスポーツ傷害

氏名:松㟢 由莉
所属:シナプソロジー 研究所
役職:教育トレーナー
主な経歴:

北海道大学医学部保健学科卒業

北海道大学大学院保健科学院 修士課程修了
札幌学院大学大学院臨床心理学研究科 研究生