子どものスポーツ傷害 バドミントン編

  • 指導ポイント解説
  • 指導者
子どものバドミントンに多い傷害1

腱板炎:腱板炎は肩甲骨の周りにあるインナーマッスルに炎症が起こる怪我です。バドミントンではスマッシュなど腕を大きくまわす動作で肩甲骨がうまく動いてくれないときに起こってくる傷害です。肩が痛い場合は肩甲骨周りの筋力をチェックしてみましょう。

子どものバドミントンに多い傷害2

オスグッドシュラッター病:オスグッドシュラッター病は太ももの前の筋肉に引っ張られてすねの骨が出っ張ってくる傷害です。急なストップやジャンプが多い競技によくみられる傷害です。膝が痛い場合は、股関節周りの柔軟性や筋力をチェックしてみましょう。

傷害の特徴

バドミントンによる傷害は突発的なケガ(外傷)は少なく、肩・腕や足・腰への負荷の蓄積によるもの(傷害)が多いという特徴があります。そのため、日頃のケアが重要です。予防には正しいフォームの獲得することが最重要で、そのための柔軟性、筋力をチェックしておくことが大切です。

 

【担当講師】 子どものスポーツ傷害

氏名:松㟢 由莉
所属:シナプソロジー 研究所
役職:教育トレーナー
主な経歴:

北海道大学医学部保健学科卒業

北海道大学大学院保健科学院 修士課程修了
札幌学院大学大学院臨床心理学研究科 研究生