アンダーハンドパス編

  • 指導ポイント解説
  • 指導者

アンダーハンドパスの基本動作の解説と上手くできない場合のチェックポイント

アンダーハンドパスはバレーボールの基本スキルであり、レシーブ、トスにも使用するため非常に重要なスキルと言えます。瞬時に狙ったところにコントロールして返球することはバレーボールをはじめたばかりのお子さまには難しく練習が必要ででしょう。上達のためには「ボールの落下地点に素早く入ること」「手の力だけではなく重心移動を上手く使うこと」「ボールにしっかりと力を伝えてコントロールすること」が重要です。

アンダーハンドパスの基本的な構え方

下半身は、前後左右にどこへでも動けるように両足を肩幅程度に開き、片方の足を半歩前に出し膝を軽く曲げて腰を起こします。このとき足の幅が広すぎたり狭すぎたりしていないかチェックしてください。片足を半歩足を前にだしますが、
左右どちらでも出しやすい方の足を出すようにしましょう。腰を落とす時は、膝が内側に入らないようにしましょう。膝を曲げて腰を落とすイメージではなく骨盤を前傾させ股関節に手が挟まるようにするとよいでしょう。この時、体重は若干前にかけると前後左右どこへでも素早く動けます。

基本的な手の組み方

両手の親指以外の指が直角に交わるように重ね、そのまま軽く手を握ります。この時、両手の親指は付け根から指先まで一直線になるようにするのがポイントです。腕は1枚の板の亜イメージで肘を伸ばし、手首を軽く返して親指が下を向くようにします。そして、腕が体に近づきすぎないようにします。構えた前足の太ももと平行位の角度でかまえましょう。飛んで来たボールをしっかりとらえるために、腕とボールの両方が見える用にしておくことがポイントです。

素早くボールの落下点に移動する!

基本姿勢を維持したままボールの落下点が前足の膝になうように移動しましょう。膝に当てたボールが斜め前にバウンドする位の姿勢が理想的ですので練習してみましょう。

ボールをコントロールする!

ボールを当てる手の位置ですが、腕時計を巻く位置を目安にしましょう。ボールをはじき返すイメージではなくラケットで生卵を割らずにかえすイメージで足でボールを送るようにします。下半身は、上下の膝の動きではなく、後ろから前に重心を移動させるパスを送り出したい方向に足を1歩踏み出すイメージでボールを受けましょう。

上手くできない場合の対処法

●ボールの落下点に入れない場合1:ボールとの距離感がつかめていない事が原因の場合がよくあります。そのような場合は、投げられたボールを前足の膝上に当てる練習をして感覚をつかんでみましょう。
●ボールの落下点に入れない場合2:足の運びがぎこちない事が原因の場合もあります。そのような場合は、基本姿勢がしっかりとれているか確認して下さい。
●パス角度が安定しない場合:パスを出す角度がコートを平行になってしまったり上がりすぎてしまう場合があります。手が下がりすぎたりしている場合は腕とボールの両方が見える位置に構えるようにアドバイスしましょう。腕を上下に振っている場合もパスが安定しません。このような場合は、野球のバントのようにボールを面に当てるだけの練習を繰り返ししてみましょう。前後の体重移動を使って壁パスを繰り返して、足でボールを送る感覚を養いましょう。
●パスが狙った所に行かない場合:腕をひねったり、肘を曲げて面が崩れている事が原因の場合がよくあります。そのような場合は、基本姿勢や構え、そして手の組み方を再度確認してみましょう。
●パスが飛ばない場合:手打ちになっている事が原因かもしれません。そのような場合は、体が伸びた状態でボールを受けていないか確認してみましょう。正しい構え方から後ろ足から前足に重心を移動させ下半身から腕に力を伝える動きを教えて下さい。
 

【担当講師】 バレーボールを教えるコツ

氏名:田城 貴之(たしろ たかゆき)
所属:ヴォレアス北海道
役職:選手 ミドルブロッカー
【主な経歴】
私立とわの森三愛高等学校→筑波大学→パナソニックパンサーズ→ヴォレアス北海道